Open Nav

転送料金-10万円の実績

LightFileでJPG画像を最適化するだけで、転送料金は驚くほど削減されます。画像は転送量の約40%をしているので、効果抜群なのです。

平均20%、90%以上の軽量化

ECサイトで利用する商品画像やそのサムネイル、クリエティブなバナーも軽量化できます。画像が多いウェブサイトではより効果的。

自動処理だからラクラク

面倒なチェックも、作業漏れなどをケアする必要はありません。自動化することで、LightFileが永続的に処理を行い続けます。

MIYANAGA Kunihiko

CEO / Programer

見落とされることが多い転送量の問題ですが、スマートフォンの普及により課題が顕在化してきています。LightFileを利用すれば、インターネット全体の速度改善にもつながります。快適なインターネットを楽しみたいですね。

NOSE Hiromitsu

Sales / Growth Hacker

LightFileは、自動化されているところが一番の強み。一度導入してしまえば、後は自動で画像を最適化してくれる。常にスマホ表示が速くなるんです。他のサイトと比べると、その差は歴然です。

自動でファイル容量を削減

ウェブサイトやウェブサービス、スマートフォンアプリなどで使用されている画像ファイルを、自動的にファイル容量を削減します。ファイル容量を削減することで、データ転送量の削減、画像表示の高速化を実現します。

SSIMによる画質評価

AI型のアルゴリズムにより、画質の劣化は最小限に抑えられています。アルゴリズムにより、機械的にファイル削減を行わず、人間の視覚に現れる劣化を計算し、その中で最も劣化が少ないものを選びます。

AWSの転送量を大幅削減

クラウドサービスは転送量によって料金が変わるケースが多く、アクセスが増えると転送量にかかる費用も増えていきます。特に画像はテキストと比べると非常に転送量への影響が大きいため、ファイル容量の削減により大幅なコストカットが実現できます。

AWS Lambdaでサーバレス

AWS lambdaは、サーバを利用せずに処理を実行できます。そのため、バッチ処理を行うサーバやそのサーバの保守なども不要。lambda関数を作って実行するだけなので、サーバ保守にかかるコストは必要ありません。

バックアップでいつでも復元

バックアップ用のAWS S3バケットを指定しておけば、万が一のときでもオリジナルのファイルを取得できます。定期的な画質の劣化の確認も、処理後のファイルとバックアップファイルを見比べることで可能です。

対応する画像はJPG

対応画像は、JPEGファイルのみです。PNGファイルやGIFファイルは減色処理となるため、画質の劣化判定が難しく、望むような品質を保てません。PNGファイルはファイルサイズが大きくなる傾向が強いため、JPEGファイルを利用するほうが転送量を削減できます。

まずは無料診断レポートから

まずは無料の診断レポートにお申込みください。申し込みは1分で終わります。