画像軽量化ツール「LightFile」は、大手アパレルECサイトで利用されています。画質そのままで、ファイルサイズを最大限に軽くすることが大きな特徴です。アパレルでは、1日に追加される画像が3,000枚を超えることもあり、LightrFileはすべて自動で軽量化を行います。もう、画像の重さをチェックする必要はありません。

画質がきれいなのは、AIソリューションだから

AIソリューションが画質を自動で判別するから、人間の目よりも正確に画質を判断します。それぞれの画像には「最適な圧縮率」が存在します。単純な「圧縮率85」では必要以上に劣化してしまう画像も、LightFileなら最適な圧縮率をAIソリューションで自動的に選び出します。

平均30%以上、最大90%以上も画像を軽量化

画質とファイルサイズは、とても親密な関係です。画質を落とせば、そのぶんファイルサイズは軽くなります。LightFileはAiソリューションで最適な圧縮率を選び出すから、画質を落とさずに最もファイルサイズが軽くすることができます。

商品画像だけではなく、販促用のバナーもしっかりと軽くします。サイト全体の画像をまるごと軽量化することができます。

1枚あたり0.1秒で自動処理。もう、人が作業することはありません。

3,000枚の画像でも、10,000枚の画像でも、LightFileなら自動で処理。しかも、1枚あたりの処理時間はたったの0.1秒。Photoshopを起動して、画像をひらいて、最適な圧縮率をプレビューで選んで、最後に書き出しをする。今までの画像最適化をおこなっていた時間は、もっとクリエイティブな作業に没頭することができます。

既存のシステム構成に影響を与えない安心設計

システム導入の際に、新しいサービスを導入することは、導入時の仕様確認や検証作業などで多くの時間を費やします。しかい、LightFileは独立したツールなので、柔軟にシステムに取り入れることができます。

Lambda版なら、S3 Bucketに対してLambda関数を作るだけ

AWSを利用しているなら、システム導入にかける時間は最小限にして、もっとシステムの拡張に時間を使いたいはずです。LightFileは、AWS S3のbucketに対して処理を実行します。そのため、現行のシステムに与える影響は、ほとんどありません。

S3に画像を保存している場合は、LightFile AWS Lambda版を利用すれば、ほぼリアルタイムに処理します。サーバレスのLambdaだから、バッチ用サーバの保守は必要ありません。

Command版は実行ファイルを動かすだけ

LightFileは実行ファイルがひとつだけ。とってもシンプルです。画像が置かれているサーバに設置すれば、すぐに動作することが可能です。定期タスクに登録して、いつでも自動で処理がはじまります。

接続オプションなら、さらにかんたん

今のサーバに設置するのは難しいですか?それなら、接続オプションを利用すれば、かんたんです。LightFileが動作する環境から、処理したいサーバにFTPで接続して、対象の画像を軽量化します。FTP以外にも、SFTPやFTPSでも接続ができるので、セキュリティも安心。

おまかせLightFileなら、接続アカウントを発行するだけ

サーバへの接続アカウントがあれば、おまかせLightFileなら最短3日で画像軽量化がはじまります。LightFileの環境はアイデアマンズが用意するので、お客さまは「サーバ接続アカウント」を発行するだけ。面倒なサーバ管理も不要、バックアップも自動で取得します。

画像軽量化をすぐにチェック

LightFileシュミレータを利用すると、ファイル単位またはページURL単位で画像軽量化がどのぐらいできるのかがすぐにチェックできます。

どなたでも無料でお使いいただくことができます。