LightFileはできるだけ多くの環境で動作するために、さまざまなエディションが存在します。

エディション

エディション名 概要
Lambda版 AWS Lambdaで動作。S3 Bucketに画像を保存している場合は、Lambda版を利用することでリアルタイムに処理が可能。サーバ保守もなく、Lambdaの利用料も非常に安いので、コストパフォーマンスが高い。
Command版 Linux環境で動作。多くのウェブサーバで利用されているLinuxに対応しているため、さまざまな用途で利用が可能。安価なVPS環境でも動作するので、小さな案件からエンタープライズ案件に対応可能。
接続オプションを利用することで、LightFileサーバを構築して、さまざまなウェブサイトの画像軽量化を行うことができる。
Windows版 Windows環境で動作。Command版と同等の機能と性能をもっている。タスクマネージャと組み合わせて、定期的な自動処理が可能。
Mac版 Mac環境で動作。トライアルの利用など、とりあえず利用してみたいエンジニア向け。Command版と同等の機能と性能を持っている。

エディションの選び方

エディションの選び方は、システム構成によって選ぶことが重要です。初期サポート時に、どのエディションがよいか、システム構成をご相談いただきながら、お客さまに最適なエディションをご提案いたします。

※エディションは「セルフプラン」のみ選択いただきます。

LightFileとは

画像軽量化をすぐにチェック

LightFileシュミレータを利用すると、ファイル単位またはページURL単位で画像軽量化がどのぐらいできるのかがすぐにチェックできます。

どなたでも無料でお使いいただくことができます。