LightFile Core 機能紹介

LightFile Coreは、いくつかのシンプルで安心して利用できる機能を持っています。

LightFile Core 機能一覧

LightFile Coreは、シンプルな機能をもった、自動化されたサービスです。
あなたの手をわずらわせずに、いつでも自動で処理を行います。

自動ファイル容量削減機能

バックアップ機能

AWS SNSによる通知機能

ログ出力機能

各機能の詳細

自動ファイル容量削減機能

独自のアルゴリズムにより、画質の劣化は最小限に抑えられています。アルゴリズムにより、機械的にファイル削減を行わず、人間の視覚に現れる劣化を計算し、その中で最も劣化が少ないものを選びます。画質の評価については、画質評価指標SSIM(Structural Similarity)を採用することで、きめ細やかに画質設定を行うことが可能です。

バックアップ機能

S3のBucketに対して、バックアップファイルを作成することが可能です。処理したファイルで不整合があったり、万が一カラープロファイルが変わってしまったりしても、バックアップがあれば安心です。

AWS SNSによる通知機能

AWS SNSを利用して、処理後の通知を行うことが可能です。トリガーはAWS S3にファイルを配置したタイミング(追加・変更)ですので、初回時の大量のファイルを処理や、定期的に大量のファイルをアップロードする場合など、通知を有効にしておくことで処理完了を確認することができます。

ログ出力機能

どのファイルが処理されたのか、ログファイルをみることで確認が可能です。大切な画像データですので、処理されたのかどうかがわかるよう、ログは重要な情報となります。