バックアップを作成するには

shrink-coreは、デフォルトでS3バケットに保存されたファイルを上書き保存します。元のファイルは削除されます。

その問題を回避し、万が一にファイルを復元できるようにするため、バックアップ機能があります。

バックアップ先のバケット(BACKUP_BUCKET)

次のようにバックアップ先のバケット名を指定します(例: backup-images)。

BACKUP_BUCKET backup-images

bucketの指定は、同一バケットへのバックアップにおいても必須です。

バックアップ先のパスの変更(BACKUP_PREFIX)

元ファイルのパスと違う場所にバックアップを保存するには、backupに 結果を別ファイルとして保存するには と同様の指定を行います。

  1. プレフィックスを付けるにはBACKUP_PREFIX
  2. 正規表現による置換を行うにはBACKUP_KEY_REG_EXPとBACKUP_KEY_REPLACEを利用

チュートリアル

画像軽量化をすぐにチェック

LightFileシュミレータを利用すると、ファイル単位またはページURL単位で画像軽量化がどのぐらいできるのかがすぐにチェックできます。

どなたでも無料でお使いいただくことができます。